戦 闘 記 録

砂川の戦い

砂川の戦い
戦争 肥後戦役(龍鷹・聖炎vs虎熊宗国)
年月日 鵬雲五年四月一日
場所 肥後国益城郡砂川(現熊本県宇城市)
結果 虎熊軍団の勝利
指揮官
名島景綱
長井衛勝
佐久頼政(生死不明)
村林信茂
長井友勝(討死)
虎嶼晴胤
白石長久
国松貞鑑
小瀬晴興
岡本幸康(討死)
兵数
九〇〇〇 三万四〇〇〇
開戦経緯 大軍を用いて肥後へ侵攻した虎熊軍団は、まずは熊本城に攻め寄せた。これに対し、火雲珠希は籠城戦で応え、両軍は激しい攻防戦を展開する。攻めあぐねた虎熊軍団はさらに南進し、堅城・宇土城を一夜にして陥れてさらに南下した。
一方、龍鷹軍団と聖炎軍団の連合軍は龍鷹軍団本体の到着を待たずに北上。その途上で虎熊軍団と遭遇戦に入った。
戦闘経緯 猛然と攻めかかる岡本勢の鋭鋒を逸らし、長井衛勝によって岡本幸康が討たれた。これに動揺した虎熊軍団だったが、後方から迂回して進出してきた国松勢によって横撃される。結果的に続く大軍に押し切られる形で戦線が崩壊。連合軍は潰走状態となり、八代城へと逃げ帰るしかなかった。特に龍鷹軍団は佐久頼政が行方不明、村林信茂が重傷を負って敗北した。
戦争への影響 虎熊軍団は熊本城への後詰めを阻止し、敵戦力の各個撃破に成功した。そして、さらに南下して八代城を包囲。龍鷹軍団に対し、後詰め決戦を強要できるまで優位に立った。


龍鷹目次へ